「ハコニワ」の詳細

ハコニワの大きさ、金額などについてご説明します!

月額利用料金は予告なく変更する場合がございます。(グレーのボックスは成約済です)

店内の様子

 

aの棚 空き状況

現在の月額

a-01〜a-12=¥2,000

a-13〜a-16=¥2,300

a-01 a-02 a-03 a-04
a-05 a-06 a-07 a-08
a-09 a-10 a-11 a-12
a-13 a-14 a-15 a-16

道路沿いに面している、ショーウィンドウ側の回転棚です。

歩行者の興味をダイレクトに引きつけることができます。

 

地面から最上部までが約180cm、下段までは約60cmとなっております。

 

 

高さは最上段と最下段が異なり、扱いやすさと見やすさを考慮して設計しました。

 

 

奥側から手前にかけて広がるように工夫されており、広げて陳列することができます。

また、電動で回転することで直射日光を浴び続けることを防ぎます。

 

(※夜は光る予定です)

全体がくまなくショーウィンドウから伺えるため、作品目当てで入店してくる方も多いと考えます。

そのため、最も販売チャンスがある棚だと言えます。

 

bの棚 空き状況

現在の月額

(下一桁1~5は左側 6〜0は右側)

b-01〜b-10=¥1,500

b-11〜b-30=¥1,800

b-31〜b-40=¥1,500

b-41〜b-50=¥1,200


左側

b-01 b-02 b-03 b-04 b-05
b-11 b-12 b-13 b-14 b-15
b-21 b-22 b-23 b-24 b-25
b-31 b-32 b-33 b-34 b-35
b-41 b-42 b-43 b-44 b-45

 

右側

b-06 b-07 b-08 b-09 b-10
b-16 b-17 b-18 b-19 b-20
b-26 b-27 b-28 b-29 b-30
b-36 b-37 b-38 b-39 b-40
b-46 b-47 b-48 b-49 b-50

入店して右側に50箇所、「30cm x 30cm」の棚が用意されています。

背面を安定させたい場合はこちらの棚が適しています。当店でもメインの棚であると自負しております。

ブラケットでしっかりと固定されており、横にずれることも前に倒れてくる心配もございません。


奥行きのあるものも、高さがあるものも、リーズナブルな価格でご利用できます。

c,dの棚 空き状況

現在の月額 c,dの棚

c-01〜c-03=2,000

c-04〜c-08=1,000

c-09〜c-12=×

c-13〜c-17=1,400

c-18〜c-20=×

d-01〜d-04=×

c-01  c-02  c-03
c-04 c-05 c-06 c-07 c-08
c-09   c-10   c-11   c-12
c-13 c-14 c-15 c-16 c-17
c-18  c-19  c-20
d-01 d-02 d-03 d-04

様々なニーズに合わせたcとdの棚です。最下段のオープンスペースになっている部分がdのゾーンです。

最上段であるc-1,c-2,c-3は、高さ42cm幅58.5cmと非常に大きなサイズとなっています。バッグなど背の高いものを置くのに最適です。

中間のc-4〜c-17は、高さが20cmで統一されています。

小さいアクセサリーなどを多数ディスプレイしたい場合、お得に使えます。

下段のc-18,c-19,c-20は高さが36.5cmで統一されており、とても使い勝手の良いサイズとなっております。

高さとしても手に取りやすい位置に設定されているので、お客様に手にとっていただけるチャンスが多いと考えます。

最下段であるd-1〜d-4は、cより30cm前に出すことにより、よりお客様の視線に近い位置になっております。

幅は43.5cmとなっており、かなり自由がきく大きさです。

 

eの棚 空き状況

現在の月額 eの棚

e-01=2,500 e-02=3,000 e-03=2,800

e-04=1,500 e-05〜e-07=1,800

e-08〜e-11=1,500

e-12=1,500 e-13〜e-15=1,200

e-16〜e-19=1,600

e-01  e-02  e-03
e-04  e-05  e-06  e-07
e-08  e-09  e-10  e-11
e-12  e-13  e-14  e-15
e-16  e-17  e-18  e-19

 

斜めの壁に合わせたeの棚です。

斜めに突き出た部分をうまく利用して、正面・側面両方から見られるユニークな形に仕上げました。

奥行きは全て30cmに統一されていますが、1,4,8,12,16は左側の切り欠き部分が30cm未満となっております。

また、2,5,9,13,17は中央の切り欠き部分が30cm未満となっております。

最上段のe-1,e-2,e-3は、高さが50cmととても高く、大きめのトートバッグやリュックサックなども陳列することができます。

また、床から高すぎることもなく、手に取りやすく設計されています。

最下段が床から69cmの高さとなっており、ちょうど腰の高さに設定されていて使いやすくなっております。

幅も不揃いにすることで、よりニーズにあった使い方ができると考えます。

(入り口から見た様子)

2,5,9,13,17は、入り口から見る様子と側面から見る様子では背面が切り替わり、レイアウトを工夫することで、更に注目度が増す棚です。

ご予約フォーム

予約ボックス:
月額料金:
メールアドレス:
ハンドルネーム:
Twitter:
Instagram:
ご意見

タイトルとURLをコピーしました